ニキビ予防の食生活で大事なのは我慢しすぎないこと

ニキビができやすい食事といえば、甘いものや脂っこいもの、脂質の多いものなどが挙げられますよね。
皮膚科で配られたニキビ治療の冊子を見ても、やはり同じようなことが書かれています。
しかしそれはわかっていても、食べることが好きな私にとって食生活を変えるというのは簡単ではありませんでした。
私の場合揚げものはそれほど興味はないのですが、甘いものは一日に一回は食べないとダメなタイプだったのです。
しかしニキビに甘いものは良くないと言いますし、やはり我慢するしかないのだろうかと思っていました。
でも我慢しすぎてストレスを溜めるのも良くないですから、暴飲暴食はしない程度に甘いものは食べていいことにしたんです。
しかしそれ以外の食事はきちんとコントロールします。
揚げものは食べない、魚と野菜をたくさん食べる、大豆製品を多く摂るなど。
なぜ大豆製品がいいのかというと、大豆にはイソフラボンが含まれています。
このイソフラボンは女性ホルモンに似た働きをしてくれるので、肌をキレイにしてくれる効果があるのだそうです。
甘いものは洋菓子など食べてしまっていましたが、そのほかの食事はきちんとコントロールしていたためかニキビが悪化することはありませんでした。
我慢しすぎないで好きなものも食べつつ、バランスの良い食事を取ること、そして大豆製品を摂り入れることがニキビ予防に大事な気がします。

(埼玉県 ふなっちーさん)




私の行なっているニキビ予防と改善

私は甘いものを少しでも食べすぎてしまうと、すぐにニキビができてしまいます。とくにチョコレートなどの糖分が多いものを食べると、たちまち大きめのニキビが顔にちらほらとできます。それならば糖分を取り過ぎないようにすればいいのですが、甘いものが大好物な私はニキビができてしまうとわかっていてもつい食べ過ぎてしまいます。
そうしてニキビができてから慌てて糖分を控えるようになります。その他にもニキビ改善に効果のある洗顔料を使ったり、スキンケアを念入りに行なったりして改善につとめるようになります。
ニキビ改善に使っている洗顔料は米ぬか成分配合の石鹸になります。肌への刺激も少なく、米ぬか成分がニキビ予防や改善にも効果があるとのことで、これは長年愛用しています。
またニキビは食べ物だけが原因でできるわけではなく、毛穴の汚れや詰まりが原因ともなります。なのでとくに洗顔に関しては念入りに行なっています。
そうして洗顔後は必ず毛穴を引き締めるため、冷水で顔を洗ったり、時には保冷剤にタオルを巻き、それを顔に当てて引き締めることもあります。
こういった方法でニキビの予防や改善を行なっています。
ただそれでも完璧に予防できるというわけではなく、気が付くとニキビができていることがたまにあります。

(兵庫県 emiさん)




肉料理が好きなあなたへ

突然ですが、私は肉料理が大好きです。焼肉は勿論、しゃぶしゃぶもステーキも焼き鳥だって……。肉料理と言えなくても肉が入っていれば大好きです。
嫌いなものは野菜です。特に生野菜が苦手で、火を通さないと食べたくありません。生野菜が一番健康に良いことは知っていますが、どうしても嫌です。
そんなデタラメな食生活を送っていると、どうしても吹き出物……つまりニキビが出てきてしまいます。私はおでこが特に酷く、日が経つにつれ鼻、頬、あごと段々広がっていきました。ニキビが嫌で潰してしまっていました。そのニキビと同じ数のニキビ跡が出来てしまい、私の顔(特におでこ)は常に真っ赤。たまに潰した跡から血が出てしまっている始末。
私はそれが嫌で食生活を改善しました。ニキビクリームや洗顔にも力を入れましたが、とにかく食生活を変えました。
外食も好きだったのですが、なるべく自分で作ったものを食べるようにしてします。
お皿に肉が一切れあったらその3倍の野菜を盛るようにしました。そうすればニキビも減るし痩せることが出来るし、一石二鳥ですよね。
私はそれを約2ヶ月続けて来ました。ニキビの数も少しずつですが減っていき、体重も少し落とすことが出来ました!
肉料理が好きな皆さん、その肉の量の3倍は生野菜を食べるようにしましょう!そして、ニキビがない素敵なあなたを作って下さい。可愛いは、つくれるのですから……。

(静岡県 りーちゃんさん)



大人のお肌のお悩みには・・

ニキビといっても実は色んなタイプがありますよね。
自分は思春期にはほとんどニキビができなかったタイプなんです。羨ましいって思われるかもしれないけど、大人になってからはこれはこれで悩みも出てきていて。
大人になってからはやはり若い時のように新陳代謝が活発でないのか、ため込んだかな?と感じる時は必ず肌にもポツっと現れるんですよね。胃腸の疲れが肌に出ると言うか。
食べ過ぎない事が大事なのかもしれないけど、大人になるにつれて美味しいものを覚えてしまってるのも事実ですよね(笑)
だから私の場合はできるだけ、普段から排出を心がけているんです。
まずは水分をたくさんとること。な~んだあたりまえって感じかもしれないけれど、よくよく振り返るとキレイな水分を十分にとってないことってけっこうあると思いますよ。今はミネラルウォーターとハーブティーと合わせて一日1.5~2リットルは飲んでいます。ハーブティーはビタミンを含んでいたりデトックス効果をうたっているものを選ぶといいですね。
さらに普段はできるだけ野菜のおかずを作り置いて、食事のたびにしっかり食物繊維をとること。お弁当も手作りです。やっぱり外食に比べて、自分で作ったおかずは栄養バランスがいいですよ。
このふたつを気を付けるようになってからは生理前や、外食が続いても良い調子をキープ出来ている気がします!

(東京都練馬区 もみじさん)




食生活を見直してニキビをなくそう

やっかいなニキビ、気分も下がりますね。やっと治ったと思ったら、また次のニキビが腫れてきてと嫌になってきます。
そんなニキビを、体の中から徹底的にやっつけてみましょう。
まず、一番大事なことは、食事の時間にきちんとご飯を食べることです。ゆっくりよく味わうようにして食べるようにしましょう。揚げ物や炒め物も主菜として体の力なりますので、食べてもかまいません。ただ、一緒にお味噌汁や煮物、和え物、冷奴、サラダなど全体のバランスを考えて食べるようにします。もしも、外食が多いという方は、週に1回からでもいいので、定食屋さんに行くようにして、お味噌汁やご飯がついている定食を食べるようにしましょう。最近では、お味噌汁や副菜なども豊富に購入することができるので便利です。ご飯でお腹が満足できるようになると、今まで食べていたお菓子を食べたいという気持ちが減ってきます。
一般的に、ニキビ予防と言うと「生クリームやチョコレート、揚げ物やお菓子類を控えましょう」とよく聞きますが、全くやめてしまうと、食べたい気持ちがストレスになり、逆効果になります。ニキビが出来ていても、ケーキやチョコ、から揚げ、コロッケ、ポテトチップスは食べたいですよね。あまり食べ過ぎない程度におやつに食べて(美味しい・幸せ)と感じることも大切なことです。

(福岡県 まりもさん)